COLUMN
コラム

空き家の清掃業者の費用相場はどれくらい?費用を抑える方法も解説!

空き家の清掃をする際、業者に依頼するのも一つの手です。しかし、清掃業者の費用相場が分からないという方はとても多いと思います。また、そもそも空き家清掃は業者に依頼すべきか、自分でやるべきかという点も悩みどころです。さらに、業者に依頼するにしても、少しでも費用を抑える方法を知りたいという方も多いことでしょう。

そこで、この記事ではそれらについて詳しく解説していきます。ぜひ空き家の清掃をお考えの方はお役立てください。

この記事で分かること

  • 空き家清掃を業者に依頼するメリット
  • 空き家清掃にかかる費用相場
  • 空き家清掃の費用を抑える方法

営業時間 10:00 ~ 19:00(土日祝を除く)

空き家の清掃は業者に依頼すべき?業者に依頼するメリットを紹介

空き家の清掃は業者に依頼すべき?業者に依頼するメリットを紹介

空き家を所有・管理している方にとって、その清掃を自分でおこなうべきか、業者に依頼すべきかは悩ましい問題でしょう。

費用のことを考えると、出来れば自分で清掃をしたいところです。しかし、日頃から住宅として使用している物件と比べると、空き家の場合は自分で清掃する負担がとても大きいということも事実です。

そこで、まずは空き家清掃を業者に依頼するメリットについて解説していきましょう。

清掃業者に依頼すると不用品を買い取ってくれる

空き家清掃を業者に依頼するメリットとして、不用品を買い取ってくれるという点が挙げられます。

日頃から住宅として使用している物件の清掃は、汚れを落とすハウスクリーニングの作業がメインになってきます。一方で、相続などによって所有した空き家の清掃の場合、遺品整理が必要になったり、大量のゴミや不用品が出たりすることも多いです。そのため、売却するものと処分するものの仕分けや、不用品買取業者の選定、ゴミの分別などにも労力がかかります。また、ゴミや不用品を運搬するためのトラックや、時間と労力も必要になります。さらに、清掃する空き家がいわゆる「ゴミ屋敷」や「汚部屋」のような状況の場合、衛生面でもリスクが高いです。

このように、空き家清掃は個人でおこなうにはとても負担が大きい作業です。ところが、清掃業者なら清掃のみならず、ゴミの処理や不用品の買取もすべておこなってくれます。したがって、大型清掃が必要になる空き家の場合は、業者に依頼した方が負担を大幅に減らせることでしょう。

清掃業者に依頼した方がきれいになる

また、当然のことながらプロである清掃業者に依頼した方がきれいに清掃できるという点もメリットとして挙げられます。

業者の場合、専用の洗剤や薬剤などを使用して丁寧に清掃をおこなってくれます。そのため、個人ではなかなか落とせない頑固な汚れや消臭できない強い臭いなども除去できる点が魅力です。

さらに、プロによる手際の良さによって、大型清掃でも大体半日から3日という短時間できれいになる点も魅力の一つでしょう。

空き家の場合、ひどい汚れや臭い、大量のゴミや不用品などによって清掃に時間がかかる上に、時間をかけても個人ではなかなかきれいにしきれないことが多いです。そのため、短時間で確実に空き家をきれいにしたい場合は、清掃業者に依頼した方がいいでしょう。

空き家清掃にかかる費用相場

空き家清掃にかかる費用相場

ここまで、空き家清掃を業者に依頼するメリットを解説してきました。これらのメリットを考慮して、業者への依頼を検討したいと思っている方も多いことでしょう。

しかし、多くの方にとってその費用相場は馴染みがないと思います。

そこで、ここからは空き家清掃を業者に依頼する場合の費用について解説していきます。なお、ここではゴミや不用品の処理が伴う「大型清掃」の場合について解説します。空き家維持のための「定期清掃」の費用については、ダスキンをはじめとしたハウスクリーニング業者のサイトをご確認ください。

空き家の片付けをしてくれる業者の費用は、間取りによって決まります。間取りごとの費用相場は以下の表の通りです。

間取り 費用相場
1R(1K) 3万~8万円
1DK 5万~12万円
1LDK 7万~20万円
2DK 9万~25万円
2LDK 12万~30万円
3DK 15万~40万円
3LDK 17万~50万円
4LDK~ 22万~60万円

一般的に空き家というと、3LDKの一軒家であることが多いです。そのため、空き家清掃の相場は、17万~55万円と考えておいた方がいいでしょう。

また、この表から分かる通り、同じ間取りでも料金に差があります。これは、引き取ってもらう不用家財の量によるものです。詳細な費用は業者に見積もり依頼をして出してもらいましょう。

また、都道府県によっても相場に差があります。参考までに、北海道などは安い傾向があるようです。とはいえ、地域はその空き家のある場所に依存するので、自由に選べるものではありません。自分が空き家を所有するエリアの複数の業者に問い合わせ、大体いくらかかるのかを確認し、業者に依頼するかどうかを決定しましょう。

少しでも空き家清掃の費用を抑える方法

少しでも空き家清掃の費用を抑える方法

ここまで、空き家清掃を業者に依頼する場合の費用相場を解説してきました。この費用相場を見て、なかなか金銭的な負担が大きいと感じた方もいらっしゃることでしょう。

しかし、この清掃費用も工夫次第で抑えることができます。少しでも安く抑えて、空き家管理の負担を軽減しましょう。

自分でできる範囲で片付けておく

空き家清掃には大きな負担が伴うと同時に、個人ではなかなか対応できない作業も存在します。そういった作業は、清掃の専門業者に任せた方がいいでしょう。しかし、自分でできる限りのことをしておくことで、費用を大幅に抑えることができます。

先述の通り、業者の清掃費用は間取り(清掃を依頼する範囲)と不用家財の量によって決まります。そのため、自分で対応できる範囲で清掃をおこない、清掃を依頼する範囲を少しでも減らすことで費用が抑えられます。また、小さな家財を自分で片付けておくだけでも、大分費用が変わってくるでしょう。

さらに、作業にかかる時間やスタッフの人数など、業者の負担によっても清掃費用は変わってきます。そのため、少しでも業者の負担を軽減するように心がけるだけでも、費用を抑えることが可能です。例えば、処分するものかそうでないものかを自分で分別しておくだけでも、業者の負担を減らすことができるので、多少費用を抑えることができるでしょう。

重要なのは、自分にとって負担にならない範囲で自分にできることをするということです。怪我をする可能性のある作業や、負担が大きい作業は業者に任せましょう。

複数の清掃業者に見積もりを依頼して比較検討する

また、複数の清掃業者に見積もりを依頼することも、清掃費用を抑えるためには重要です。

清掃業者の中には、見積もり金額と実際の請求金額が異なっていたり、後から様々な理由を付けて追加料金を請求してきたり、さらには不法投棄をおこなっていたりするような悪徳業者が存在します。そういった悪徳業者をふるい落とすためにも、細かく相見積もりを取って比較検討することが重要です。そして、費用の安い優良業者を見つけるようにしましょう。

さらに、清掃業者によって対応してくれる作業やサービスなどの条件も異なります。自分に合った条件の業者を選ぶことでも、費用を抑えることが可能です。

このように、慎重に業者選びをおこなうことで、費用や負担を抑えて空き家清掃をおこなうことができます。ぜひ複数の業者に見積もり依頼をして、慎重に比較検討しましょう。

営業時間 10:00 ~ 19:00(土日祝を除く)

まとめ

まとめ

ここまで、空き家清掃を業者に依頼するメリットや費用相場、さらには費用を抑える方法などについて解説してきました。空き家清掃は、自分でおこなうには負担が大きい作業ですし、業者に依頼する際には当然ある程度の費用がかかってきてしまいます。

このように、空き家を管理し続けるのはとても大変ですので、思い切って売却を検討してみてもいいでしょう。空き家パスでは、空き家の買取に力を入れております。空き家の売却なら、ぜひ空き家パスにご相談ください。

空き家の買取なら空き家パス| 東京・埼玉・愛知・福岡など全国対応のTOPへ戻る

【即現金化!】完全無料の査定を相談する