COLUMN
コラム

愛媛で空き家の買取をしてもらうには?コツや相場、買取・不用品回収おすすめ業者を紹介

愛媛県で空き家を買取してもらうには

「実家を相続したがどうしようか」「田舎の空き家を買い取ってくれる業者はあるのだろうか」…様々な理由で空き家を所有することになり、処分に困っている場合、不動産会社に売却を依頼するのが一つの方法です。

愛媛県には空き家を売却できる買取業者が多くあります。しかし不動産会社の選定が誤ってしまうと、売却までに時間がかかり固定資産税などの支払いが多くなったり、解体などで多額の費用が請求される恐れがあるため、注意が必要です。

また、空き家を高値で売るためには売却相場だけでなく価格の決め方についても知ることがおすすめです。
愛媛県内では、人口が集中している松山市が最も資産価値が高くなっています。その一方で他のエリアは都市部からアクセスしにくく、空き家が売りにくいエリアも多いです。この記事ではエリアごとの売却相場も解説します。

当サイト(空き家パス)を運営している株式会社ウィントランスは、愛媛県の空き家の取り扱いに強い買取業者です。豊富な空き家買取実績を持つ当社は、「空き家をできる限り高く売りたい」というニーズに応えることができます。無料査定も随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。査定のみのご連絡でも大歓迎です。

この記事では愛媛県で空き家を早く売るためのコツについて、解説します。

営業時間 10:00 ~ 19:00(土日祝を除く)

この記事で分かること

  • 愛媛県で空き家を買取してもらうためのコツ
  • 愛媛県の売却相場
  • おすすめの空き家買取専門業者
  • おすすめの不用品回収業者

愛媛県ですぐに空き家を買取ってもらうには?

愛媛県は中国地方と九州地方のどちらにもフェリーでアクセスしやすいことから、人口流出の拠点ともいえる県です。そのため移住者も多く容易に空き家を処分できることもありますが、都会と地方では人口の差が大きく注意が必要です。
たとえば松山市は人口が50万人を超える大都市ですが、八幡浜市は3万人以下となっています。
つまり、同じ愛媛県でもエリアによって空き家を買取してもらえる難易度は変わってしまうといえます。

空き家の買取専門業者がおすすめ

前述したように、愛媛県で空き家をスムーズに買取してもらえるかどうかはエリアがポイントになるといえますが、どのエリアであっても買取専門業者に依頼するのがおすすめです。
買取専門業者は不動産仲介業をメインとする不動産会社と違い、不動産を買取再販売することで収益を得ています。
つまり、商品を確保するためにも積極的に空き家を買取してくれることから、地方であっても買取額が高くなる可能性があります。

訳あり物件や事故物件でも買取の可能性がある

買取業者に空き家の買取を依頼するメリットとして、買取が難しい訳あり物件や事故物件も査定対象としてくれるという点があります。
接道義務違反や建ぺい率オーバーといった違法建築物件や、事件や事故があった物件は買い手がつきにくく、そのため買取を躊躇する業者も多いです。その点、買取専門業者は独自のネットワークでそういった物件も売却できることから、買取可能となるケースもあります。
このことからも、売りにくい空き家を所有している場合は買取専門業者へ依頼すべきといえます。

愛媛県の空き家の売却相場を知りたい!

愛媛県は都会と郊外で空き家の相場が大きく変わるため、各エリアの相場を正しく把握しておく必要があります。そこで、この章ではSUUMOやアットホームで公開されている物件をベースに、各エリアの相場を紹介します。
なお、空き家は建物の資産価値がゼロとなることが多いため、土地の坪単価を空き家の相場として取り扱うことにします。

また、空き家の買取は相場の5〜7割ほどになるのが一般的です。空き家買取業者はそのままの状態で買い取ってくれる分、その後にリフォームや不用品整理などの費用を業者が負担することになるためです。
さらに、空き家の状態や立地によっても異なるため、一つの参考値としてご確認ください。

中予(松山市・伊予市周辺)

松山市は愛媛県の中核都市であり、松山市駅と松山城周辺は不動産の取引が活発なエリアです。そのため売主の希望額で売買されることも多く、坪単価も50万円〜80万円と幅が広くなっています。
ただし、このエリアは全域がハザードマップに該当しており、特に石手川の南側は浸水想定が厳しくなっています。このことからも、中予エリアで検討する場合はハザード対策が必須といえます。
一方、伊予市は松山市から南西側に位置しますが、海と山に挟まれておりハザードにかからないエリアが少ないことから15万円前後の坪単価となっているようです。
このように、中核都市である中予エリアは松山市と伊予市で大きく坪単価が異なるという特徴があります。

東予(西条市・新居浜市周辺)

西条市は北側に海、南側に山間部があるため建築するエリアが限られており、さらにハザードマップの浸水想定が厳しいことから5万円〜10万円が坪単価となっています。
こうした背景から西条市はハザードマップを気にする人からは避けられるイメージがありますが、坪単価は中予エリアよりも安くなっていることから安く家を買いたい人に人気もあります。実際に分譲地も多く公開されており、空き家を購入して解体し注文住宅を建てる人も多いです。
その点、新居浜市は海に面していないため、国領川から西側に離れたエリアは20万円前後の坪単価が相場です。
このことからも、空き家の売却を検討する際にはハザードマップの該当がキーポイントとなります。

愛媛県新居浜市の空き家買取実績はこちら

南予(宇和島市・八幡浜市周辺)

観光地として有名な宇和島市ですが、JR宇和島駅周辺の人気が高く、特に南東側はハザードマップに該当しないという理由から20万円〜30万円という坪単価になっています。このことからも、宇和島市に空き家を所有している場合は高値売却のチャンスがあるといえます。
一方で、同じ南予エリアであっても八幡浜市は都市部へのアクセスが悪く、平坦な土地が少ないことから15万円前後の物件が多いです。
このように、都市部へのアクセスやライフインフォメーションが整っているかどうかは、空き家を売却する上で重要な要素といえます。

愛媛県の空き家の買取価格はどう決まってる?

愛媛県にある空き家を処分するのであれば、買取業者がどのようにして査定しているのかを知っておく必要があります。
この章では査定に関連する2つのポイントについて、解説します。

市内中心部に近い方が買取金額は高い

どのエリアであっても、市内中心部に近くなると買取額は高くなります。
ただし、エリアによっては駅に近い方がハザードマップに該当してしまうこともあり、その結果買取額が下がってしまうケースもあります。
そのため、基本的には市内中心部に向かって買取額は高くなる一方で、個別要因の影響を受けることで価格が変動することもあり得ます。

建物の状態によっても買取金額は変わる

立地以外にも、建物の状態が買取額に影響することも多いです。
なぜなら、建物の状態が良ければ買取後の修繕費用が少なくなり、その結果買取額が高くなるからです。
つまり、空き家の処分が早ければ早いほど高値がつきやすくなるといえます。

愛媛県で空き家の買取に強い業者5選

この章では、愛媛県で空き家の買取に強い業者を紹介します。これから空き家の処分を検討する人は、参考にしてください。

空き家パス(株式会社ウィントランス)

株式会社ウィントランスが運営する空き家パスは、電話やメール、ラインで買取査定を依頼できる業者です。
対応エリアは全国となっており、さらに所有者が立ち会わなくても査定できるという強みががあります。
そのため、東京にいながら愛媛県の空き家を査定依頼し、買取してもらうということも可能です。
また、空き家買取実績が多く、Googleの口コミ(レビュー39件/2024年1月現在)は平均4.8と高く評価されています。Googleの口コミの一部をご紹介します。

電話対応を早くて途中からLINEに切り替えてとんとん拍子に決まり肩の荷を下ろせた気がします。
これで悩みが1つ減ってとても嬉しい反面もう買わられる方がいてビックリしました。
私達家族が長い間過ごした家を手放すのはとても寂しいのですが、いい方が使ってくれるなら家も喜びそうです。

北海道の古家の相続をし、手放すことに奔走しておりました。
一時は相続放棄も考えました。
数社の見積もりをお願いした不動産会社はは取扱不可、空き家バンクはリフォーム業者さん紹介しましょうかという回答でした。
・・・
(空き家パスに)LINEで連絡を取り、早4ヶ月で名義変更までスピーディーに進みましたが、こちらの都合で一周忌まで待っていただき、8ヶ月で引き渡しする運びとなりました。

実家売却を考えて依頼。担当の方も誠実に対応してくれ売却できました。司法書士の先生も相談にのってくれて安心できました。古い家だったので先行きが不安でしたが、相談して大正解でした。古い家だと相談にものってくれない所もありますが、こちらは丁寧に対応してくれました。
遠方で荷物も残っている状態で何から手をつけていけば良いか分からない時に相談にのって頂けたので自分は大変助かりました。

空き家パスでは愛媛県の空き家の買取実績も掲載ています。
愛媛県新居浜市の空き家買取実績はこちら

愛媛県で空き家の買取を検討する際にはぜひ一度お問い合わせください。

営業時間 10:00 ~ 19:00(土日祝を除く)

C-next

C-nextは日本ビジネスリサーチの調査で「不動産業界関係者の81%が高値買取の期待ができる」と評価されている業者で、プロからの信頼が厚いといえます。
そのため、不動産仲介業者が売主から預かった物件をC-nextに買取依頼するというケースも多く、豊富な買取実績が強みです。
また、住宅ローン残債が残ってても買取査定してくれるという特徴もあります。

サンダイ不動産

宇和島市に本店を構えるサンダイ不動産ですが、買取と同時に管理の提案もしてくれます。
このことからも、数年後に売却予定でそれまで管理を依頼するという選択ができる業者といえます。

松けん不動産

ベテランスタッフが多い松けん不動産ですが、状態の悪い空き家でも積極的に買取してくれます。
さらに、愛媛県全域が対応エリアとなっていることから、郊外に空き家を所有している人におすすめです。

株式会社ライズクリエーション

株式会社ライズクリエーションは現金化まで最短1日というスピードが特徴です。
そのため、なるべく早く空き家を現金化したい人に向いている業者といえます。
また、賃貸も取り扱っていることから空き家を賃貸にだすという選択肢も検討できます。

愛媛県で不用品回収を依頼できる業者一覧

空き家を買取する際には引渡し条件として「不用品を全て撤去すること」という条件が設定されることもあります。
そのため、買取業者と不用品回収業者を探さなければならないこともあります。
この章では愛媛県で不用品回収を依頼できる業者を紹介しますので、参考にしてください。

エコ牧場

出張費、車両費、処分費、スタッフ費用など追加でかかる費用が全てゼロ円にできるのが、エコ牧場の特徴です。
また、紹介を受けると1万円のキャッシュバックを受けられるという点も魅力的です。
12月31日までの依頼で最大28%割引となるようですので、年内で不用品回収を回答している人におすすめといえます。

トリクル

愛媛県で不用品回収の実績が年間2000件を超えるトリクルですが、全エリア即日見積もり提示してくれるという点が強みといえます。
さらに、見積もりや追加費用が一切かからないというメリットもあることから、愛媛県で不用品回収業者を検討する際に候補に入れるオーナーは多いです。

不用品買取センター

不用品買取センターは不用品の回収だけでなく、買取できる残置物を査定し買取してくれるというサービスを並行して受けることができます。
つまり、不用品回収の費用を残置物の買取額で相殺できるということになり、結果的に回収費用を安く抑えられることもあります。
そのため、まだ使える家電などが空き家にある場合はおすすめの業者といえます。

不用品は整理してから売却すべき?

そもそも不用品を整理して売却することは必須ではなく、ケースバイケースです。
また、不用品を処分した方が買取額が高くなる傾向にありますが、不用品の処分費がかかってしまうため手残り額はそれほど変わらないことも多いです。
そのため、手間を考えると不用品を整理せずに売却できる方法を選択すべきといえます。

空き家パス(株式会社ウィントランス)なら片付け不要で買取!

空き家パスは全国の空き家買取をしており、愛媛県での買取にも力を入れています。片付けや解体をすることなく、現況のまま買取することも可能です。
空き家の処分で悩んでいる方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

空き家パスの空き家買取実績はこちら

営業時間 10:00 ~ 19:00(土日祝を除く)

【即現金化!】完全無料の査定を相談する